医薬部外品が育毛に最高のシャンプー?

女性の育毛シャンプーは、頭皮の保湿ができるモノであれば、あるていどの育毛効果は期待できます。しかし、医薬部外品と書かれた育毛シャンプーを見つけると「髪の毛が生えてきそう」と思うのも人情です。あるいは「医薬部外品ってなに?」と思うか…。

 

雑品と医薬部外品

多くのシャンプーは雑品です。カラダに害もなければ益もないものです。多少の害はあります。
長年、アルコール系のシャンプーを使っていたら、頭皮は刺激され、抜け毛が増えやすくなる傾向になるなどの「害」です。多少の益もあります。頭皮がきれいに洗われたとか、髪の毛にシリコンがくっついて、見た目がピカピカになったとかです。そういうのを、ぜんぶひっくるめて「雑品」と雑な言われ方をしています。

 

対して、医薬部外品は、カラダになんらかの有効と思われる成分が配合されているモノです。
多くの入浴剤は、現在、医薬部外品になりました。大手の入浴剤メーカーがこぞって認可を取得したんだと思います。医薬部外品を製造しようと思うと、まず、工場の認可から必要で、かなりの時間とコストがかかります。
それでも「医薬品ではないから『絶対』と言える効果はないかもしれないけどカラダにいいもの」を多くの人が求めるので、医薬部外品は、いつまでも人気です。
医薬部外品を認定する制度が、数年ごとに小さく変わるので、昔は医薬品だったのど飴が、いまは医薬部外品になっているなど、複雑な制度ですが、「雑品よりちょっとすごいヤツ」くらいのものでしょう。

 

育毛シャンプーは「医薬部外品」を選ぶべきか?

医薬部外品のシャンプーであっても、雑品のシャンプーであっても、使用して髪の毛が生えてきたら、それで勝ちです。
つまり、自分に合ったシャンプーを選ぶべきであって、それが医薬部外品か雑品かは、あまり関係のないことです。売る側は医薬部外品の看板を欲しがりますが、使う我々が、そこに乗っかっても意味のないことです。

 

シャンプーや化粧品を選ぶ時のテクニックとして覚えておいたらいいのは「100%安全」「100%効果がある」商品は、どこにもないということです。
それは、医薬品です。しかし、医薬品とて、100%とは言い切れません。風邪薬を飲んで死ぬ人もいます。
育毛シャンプーにおいては、使用感に個人差があるので、どうしても絶対的な看板のように思える「医薬部外品」を買いに走りがちですが、そういう人ほど、効果がなかったら、シャンプーに文句を言う傾向があります。医薬部外品ではなく、あなたに合うシャンプーが、あなたにとっての最高のシャンプーです。

 

今は、購入前に、ネットの口コミ掲示板を読むことができます。どんな髪質・肌質の人が、どの程度の期間使用して、どうだったのか。事細かに体験談が書いてあります。よく調べて、自分だけの「医薬品」に巡り合いましょう。

医薬部外品のシャンプーって本当に効くの?記事一覧

市販のアルコール系のシャンプーに慣れ親しんできた私たちは、シャンプーたるもの、即効性を持って、万人に同じ効果をもたらすものだという認識があります。育毛シャンプーを使用する時には、そういう考え方をまず捨てましょう。個人差をアルコールの強い能力で消してくれていたから、アルコール系のシャンプーは、誰が使っても同じような効果がありました。抜け毛は個人差が生んでいます。個人差、つまり、本当のあなたです。それ...

page top