シャンプーをCMで選ぶから失敗します

シャンプーはテレビコマーシャルのイメージで選ぶと大失敗することがあります。それは市販のシャンプーが悪いのではなく、多くの人が自分の髪でありながら、自分の髪が抜ける理由を理解していないことにあります。
すべての広告活動とは、ある種の洗脳ですから、それを非難しようと思えば、いくらでも非難できますが、非難しているうちに、ストレスが溜まってさらに抜け毛が増えるのがオチでしょう。自分の髪の毛は自分で守るしかないのです。

 

アルコール系シャンプーがなくならないワケ

市販のアルコール系のシャンプーは、当面、なくならないでしょう。大量生産をして、安いコストで製造をするのに、アルコールは非常にいい成分なのです。
市販のシャンプーはドラッグストアのバーゲンセールに耐えうる金額で製造しなくてはなりません。製造原価の上に、物流費が乗って、その上に、テレビコマーシャルなどの広告費が乗って、さらに人件費が乗ります。それをドラッグストアのセールで300円とか500円とかで売るわけです。
いくら脱水作用があって、抜け毛が促進されやすくなりますと言ったところで、なくならないでしょうね。みんなが買わなくなればなくなるだけです。

 

頭皮の保湿ができるシャンプーを使いましょう

女性の抜け毛予防は、まず頭皮の保湿からはじめます。つまり、ほとんどの女性の抜け毛の原因は、頭皮の乾燥なのです。ストレスや紫外線、カラーリング液、ダイエット…さまざまな原因で頭皮は乾燥します。
毎日のシャンプーで、頭皮に保湿成分をたっぷりと与えてあげましょう。保湿成分をたっぷりと与えられるシャンプーは、いまのところ、アミノ酸シャンプーしかありません。シャンプーには、アルコール系か石けん系かアミノ酸系の3つしかないのです。石けん系は、近頃、あまり見かけなくなりました。

 

アミノ酸シャンプーはこう使いましょう

アミノ酸シャンプーで、いつものようにシャンプーをするだけでも、ずいぶんと抜け毛は防げます。しかし、もっと効果的な使い方があります。1度目はふつうにシャンプーをして、2度目のシャンプーを軽くしたあと、余分な泡を落として、ヘアパックしてあげるのです。
アミノ酸は、温度が高いと浸透しやすくなります。頭皮と髪の毛に天然アミノ酸成分が浸透しやすくなるように、蒸しタオルをあたまに巻きます。5分くらいでも効果はありますし、半身浴などをしながら、のんびりする時間があるのであれば、20〜30分くらい、そのままにしておきましょう。

 

ちなみにアミノ酸トリートメントというモノも世の中にはあります。各メーカーによって、使用方法が若干異なるので、いちがいには言えませんが、シャンプーと同じ成分であることもあります。
一応、シリーズものとしてトリートメントは発売したけれど、シャンプーと一緒だよ…というなにやらよくわからない代物です。
ノンシリコンで天然アミノ酸のシャンプーやトリートメントであれば、同じような製品であることが多いのです。どんどん蒸しタオルでヘア&頭皮パックをして、保湿をしましょう。

シャンプーのCMと現実のギャップを知ろう関連ページ

シリコンの必要性
最近は「ノンシリコンシャンプー」や「オーガニックシャンプー」という少しお高いシャンプーが店頭に並ぶようになりました。値段は高いから成分がいいのだろうけど髪にどんないい影響があるのか、はっきりわからないとなかなか手を出せず、結局いつもの安いシャンプーを買ってしまいませんか?
シャンプーで育毛するには、頭皮にいいシャンプーの理由をきちんと知ることが大事です。
page top