ちょっとちがう寝方が、育毛シャンプーの効果を高めます

育毛に睡眠は大切です。育毛シャンプーを使っているからといって、睡眠不足でいいのかと言えば、よくありません。更なる抜け毛が増えることでしょう。
しかし、ただただ寝れば、育毛シャンプーの効果を高められるのかと言えば、そうではないのです。
ただ寝るだけではない、ちょっとちがう寝方をするから、育毛シャンプーが「効く」のです。

 

一般的な見解

肌のターンオーバーは夜の10時から翌朝の2時くらいの間に行われます。この時間帯にぐっすりと眠っていれば、頭皮は健やかに育ち、髪の毛は生えてきます。また、頭皮から髪の毛に、じゅうぶんな水分と栄養分が行き渡って、髪の毛やの痩せ細りや抜け毛、切れ毛が予防できます。

 

だから、「育毛には睡眠が大切です」と言われます。「育毛シャンプーの使用効果を上げようと思うと、寝ることです」と言われます。
しかし、睡眠の意味をもっと細分化して見てみると、ただ寝ても仕方ないことに気が付きます。

 

睡眠は3つのものを休めています

睡眠は、筋肉の疲労を回復させています。内臓の疲労を回復させています。だから、寝る前にはモノを食べないようにしましょうと言われます。
そしてあたまの疲労を回復させています。私たちの髪の毛が抜ける原因は主に「あたまの疲れ」によるもので、あたまの疲れをとるような寝方をするからこそ、睡眠が育毛に貢献します。
育毛シャンプーの使用効果を高めたければ、あたまの疲れをとる寝方をしましょう。

 

あたまの疲れをとる寝方

あたまの疲れがとれないのは、常になにかをあたまで考えているからです。人は、100%ぼ〜っとしていることはありません。
私たちは、余剰エネルギーを常に体内に蓄えていて、そのエネルギーの発散場所を探しています。私たちが探していなくても、カラダが無意識に探しています。小さい子どもはジェットコースターが好きです。「落ちる」ことで「興奮」してエネルギーを消費したがります
。オトナになると、ジェットコースターに乗りたいと言うのが恥ずかしいのか、あまりそういう意見は聞きません。その代償行為をオトナは好んでやります。
泣ける恋愛ドラマを見たり、怖いホラー映画を見るのです。つまり不安感を覚えることでエネルギーを消費するクセが、私たちのカラダには染み付いています。
寝る前に、あれこれ考えながら寝るのをやめましょう。育毛シャンプーはこの意識改革だけで、効果を発揮してくれたりします。

 

あれこれ考えるコトをやめられないオトナたちへ

考えるのをやめようと思うと、筋肉がリラックスした状態をつくってあげることです。ぬるいお湯にゆっくりと浸かってから寝ると、筋肉はほぐれて、あたまがリラックスしてそのまま寝られます。足湯、半身浴、目のまわりにあたたかい蒸気が出るアイマスクをする…どれも効果的です。
あたまは筋肉が緊張していると余計な子コトを考えます。筋肉を緩めてから布団に入ると、育毛効果の高い睡眠が得られます。
育毛シャンプーもよく効果を発揮するようになるというものです。

育毛に効く質の高い睡眠のとり方とは?関連ページ

育毛に効く食べ物
昔はワカメや昆布を食べると髪が生えると言われていましたが、それで実際に毛が増えたというのはあまり聞いたことがないかもしれません。では、一体何を食べれば髪の毛は生えてくるのでしょうか?
そもそも、そんな食べ物はあるのでしょうか?見ていきましょう。
運動で育毛促進
運動は血行を促進させるので育毛に効果をもたらします。
では、どんな運動がいいのでしょうか?ランニング?水泳?球技?筋トレ?
いいえ、実は歩くことが一番育毛に効く運動なのです。
自分のリズムで歩くことでストレスから体を開放してあげましょう。
page top