育毛にいい食べ物ってホント?

育毛にいい栄養素はタンパク質とビタミン、ミネラルです。だから、緑黄色野菜を食べましょうと言われます。
また、タンパク質やミネラルを豊富に含む、青魚を食べましょうと言われます。
さらに、タンパク質が体内で変質するのに必要な亜鉛も摂りましょうと言われます。そうやって、勉強すればするほど、育毛に必要な栄養素がどんどん増えていって、結局、全栄養素をバランスよく食べましょうという、ありきたりな話になって、育毛には結局、どんな食事がいいのかわからなくなります。

 

じゃあ、給食のメニューを食べていたら禿げないのか?

バランスの良い食事の最高峰は、給食です。一部の大手企業のランチだって、相当栄養バランスに気を使っています。そういう食事をしていたら禿げないのでしょうか?禿げると思います。
つまり、あなたにとって必要な栄養素と、私にとって必要な栄養素はちがうのです。
それを勘違いして、毎食、テーブルの上に、必要栄養素をバランス良く並べましょうということをするから、太ったり、痩せたりして、その影響が髪の毛に来るのです。どんなにいい育毛シャンプーだって、バランスの悪い食事をされたのでは効果を発揮してくれません。

 

にらめっこしながら食事はできない

育毛に必要な食事とはカラダが欲しがっているモノを欲しがっている分だけ食べるということです。これは、明らかに個々人によって違いがあることなので、一般的な正解はありません。自分で自分のカラダに「なにが不足しているのか」「なにを食べすぎているのか」を聞くしかありません。
私たちは、こうすれば痩せるとか、こうすれば髪の毛が生えてくるという、一般的な正解を求めすぎなのかもしれません。
つまり、カラダや生活には個人差があるのにもかかわらず、それを進んで認めようとしていないということです。しかし片方で、個性的に生きるにはどうすればいいのでしょうか…という質問がなされます。
自分のカラダがなにを食べたいのか聞いて、そのとおりに食べると、個性的になります。それが、隣の人とは明らかにちがう食事でもいいのです。
自分のカラダが欲しがっているモノを食べないから、体内の栄養バランスが崩れて、薄毛が進みます。薄毛が進んだ時に、必須栄養素の表とにらめっこしながらご飯を食べるから、ストレスで、ますます薄毛が進みます。

 

本能が抜け毛を防ぐ

食事において、カラダの声を聞くという習慣が、私たちはないので、よく分からない人もいると思います。
そういう人は、苦しくなければ、1食抜いてみるといいでしょう。空腹になると、カラダが欲しがっているモノがわかります。あるいは、あえて、自分が好きなものを1週間くらい食べないようにすればいいでしょう。
私たちは暑かったら洋服を脱ぐように、本能が備わっていて、そのとおりにしていれば、太り過ぎたり、痩せすぎたり、抜け毛が増えたりということを防げるようにできています。本能がその役割をしなかったら、人類は今頃、絶滅の危機に瀕した超希少動物です。
本能の声をもっと聞きましょう。それを食事に役立てましょう。そういう食事をしながら、育毛シャンプーを使うと、抜け毛は減るはずです。

育毛にいい食べ物ってどんなものがあるの?関連ページ

効果的な睡眠とは
お肌のゴールデンタイムという言葉を知っていますか?
肌のターンオーバーが活性化する夜22時から深夜2時までの時間帯を言います。
この時間帯に睡眠をとることで、お肌の修復と構築が行われ、若々しい肌になるのです。頭皮も同じこと。育毛したいのであれば、このゴールデンタイムをうまく利用しましょう。
運動で育毛促進
運動は血行を促進させるので育毛に効果をもたらします。
では、どんな運動がいいのでしょうか?ランニング?水泳?球技?筋トレ?
いいえ、実は歩くことが一番育毛に効く運動なのです。
自分のリズムで歩くことでストレスから体を開放してあげましょう。
page top